楽天カードのポイントは魅力があります。

昨年年会費が永久に無料と聞いたので「楽天カード」を作りました。時々楽天市場で買い物をするので支払いに便利ですし、ネットでいろいろ調べたら楽天市場の利用でポイントが4倍も付く事が分りました。楽天トラベルの利用はポイント2倍ですが、昨年夫婦で東京に行った時利用しました。金額が大きいのでお土産代は得した感じです。普段のお買いものや公共料金を楽天カードで支払うだけで100円に付き1ポイントですが付きます。市内の加盟店で使うとポイント3倍になる事もあります。知らず知らずに溜まるのは嬉しいですね。私のカードはポイント機能付きカードなので楽天ポイントカード加盟店で1ポイント1円ですが「楽天ポイント」で支払う事が出来、特に小銭を持ち合わせていない時には大いには助かり重宝しています。ただ楽天銀行がないので入金する場合3万円以下なら手数料を払うのは少し痛いですが、受ける恩恵を考えるとやむ得ないですね。

クレジットカードでポイント収集が趣味に

財布と相談しなくても買いたいものがその場で購入できるのがクレジットカードの凄さだと思います。現金の持ち合わせがないようなときは大抵高い買い物をする場面なので、ATMまで大金を下ろしにいくという手間とリスクをかけなくてもいいカード払いはやっぱり素晴らしいです。そのおかげでポイントもかなり増えてきましたし、クレジットカードを使いたい理由が前よりもずっと多くなりました。使っていれば毎月入ってくることもあり、貯めずにどんどんポイントを消費しているにもかかわらずなかなか底をつかない程度に余裕があります。最近では現金が足りていてもわざわざこのためにカード払いにすることも少なくありません。それくらい毎日よく使うようになりました。

楽天カードの家族カードと自分名義のカード、どちらがお得か

収入のない専業主婦だとクレジットカードを持つことができないと思い込んでいる人が多いかもしれません。楽天カードの場合、御主人名義のカードがあればその家族カードが作れるので、それでいいかと思ってしまうことでしょう。確かに、家族カードなら審査もありませんし、申込みが簡単です。しかし、ポイントが1つにまとめられてしまったり、利用状況もすべて筒抜けとなるので、使いにくさを感じる人も多いようです。楽天カードは専業主婦でも、配偶者の収入を利用して作成することができます。専業主婦でも自分名義の楽天カードを作成すれば、ポイントも使った分だけしっかり貯められますし、入会ポイントがそれぞれ入るのでお得です。収入のない専業主婦だと利用限度額が10~30万円程度になることが多いですが、それでも自分名義の方が使いやすさを感じることでしょう。

クレジットカードの即日発行が可能なエポスカード

マルイの発行しているエポスカードは申し込みを行ったその日のうちに受け取ることができるので、クレジットカードを急ぎで作りたい人にはおすすめのカードの1つです。このエポスカードは年会費が無料で、選択できる国際ブランドはVISAのみとなります。利用代金の引き落としは原則的に毎月の27日ですが、指定した銀行によっては4日を選ぶことができます。即日発行をする方法ですが、まずエポスカードの公式サイトから申し込みを行います。ここでカードのデザインをシルバー、レッド、デザインカード(数種類の中から選べる)の中から選択しますが、シルバー、もしくはレッドでないと即日発行には対応していないので、その2種類のどちらかを選択してください。そして、受け取り方法で“マルイ店頭受け取り”にチェックをして、受け取りに行ける店舗を表示された一覧から選択します。申し込みが終了すると、ここで入力したメールアドレスまで審査の結果が送られてきます。合格していた場合はそのメールを印刷して、身分証明書、引き落とし口座に指定した銀行のキャッシュカードか通帳、その口座に登録した印鑑と共に受け取り店舗まで営業時間内に受け取りに行ってください。エポスカードの受け取りは、マルイの店舗の中にあるエポスカードセンターで行います。営業時間はその店舗によって異なりますが、21時まで営業を行っているところが多いので、日中に申し込みが行えればクレジットカード即日発行をすることは難しくありません。

au WALLET クレジットカードについて。

auの携帯電話を利用しているため、auユーザーにとって便利なクレジットカードがないか探していたら、1枚のクレジットカードに出逢いました。その名も「au WALLET クレジットカード」。auユーザーであれば、入会費・年会費共に無料で、200円毎に1ポイント、更に携帯電話料金であれば、1,000円毎に10ポイント貯まるという、まさにauユーザーにとってはお得な1枚です。券面もシルバー単色で洗練された知的な様相を呈しており、スとてもタイリッシュです。更にこのクレジットカードは、未だ発行開始から2年程度と日が浅いためか、キャンペーンなども非常に積極的に行っており、顧客満足度向上に努めているので、実際利用してみても、今後ますます面白みがあるカードだと思います。

クレジットカードを本当に便利に使う方法

クレジットカードの利点で語られることが多いのは、買い物保険や分割払いが多いと思います。現金は持ち歩いていても落としてしまえば終わりです。しかしクレジットカードは落としてしまっても利用停止できますし、身に覚えのない支払いは証明できれば取り消せます。分割払いも利子が付きますが、高額な買い物では有効です。ボーナス払いも活用すれば月々の支出に影響を与えることなく買い物できて便利です。しかし日常生活のあらゆるシーンで便利な使い方は、支出を全てクレジットカードにしてポイントをごっそりとることです。水道光熱ガス電話などの公共料金や、食費、ショップでの買い物など全てクレジットカードで支払います。中にはPonta、Tポイントなどの共通ポイントカードとクレジットカードのポイントを両取りできるケースもあるのでオススメです。

意外な忘れ物

大人として、クレジットカードの一枚程度は持っておかなければと発行してもらうことにしました。選んだのは年会費無料のもの、よくネットやテレビなどでみかける誰もが知り得ているカードです。申し込みはネットから「最短5分など手軽に申し込める」といったふれこみが印象的でしたが、実際数多くの項目があり30分以上は要したと思います。発行には時間はとられず、それほど遅いとは感じませんでした。いろいろ確認していると暗証番号なるものが存在するようで「一瞬なんだそれ」と不安になるのです。申し込み時に自身で決めたとされますが、すっかり忘れていました。そんなことからまず行ったのが暗証番号の確認です。カードは結構便利でお得なポイントがつくため、現在では携帯や光熱費の支払いなどまとめています。

ランクの高いクレジットカードは社会的な信用が自然と上がる?

クレジットカードはランクの高いものを持っていると社会的なステータスとして機能することがあります。というのも、例えばゴールドカードなどは一目見れば、この人はゴールドカードを持てるような人なんだということが周りに伝わります。自分から稼ぎなどについて語ると自慢してみるみたいで周りも嫌悪感などを感じる可能性がありますけど、支払いのときなどにゴールドカードなどを出せば無言で、自分のステータスのアピールができるということになります。そして、自然と周りもすごいと感じる可能性があるのです。つまり、自慢をしないように自分のすごさを周りにさりげなくアピールするためのツールとなり、自然と周りからの自分に対する社会的な評価が上がる可能性を秘めているのがランクの高いクレジットカードになるのです。

家計簿代わりのクレジットカード明細書

節約のため、家計簿をつける事を何度も目標にしたのですが、ズボラな私はいつもレシートの山を放置したままでした。しかし最近、公共料金や日ごろの買い物のほとんどの支払いをクレジットカードにし、なおかつコンビ二などの少額の買い物も、クレジットカードに付属した電子マネーで支払うことにすると、ほとんど現金を下ろす必要がなくなりました。そして毎月届くクレジットカード明細書がいわば家計簿の代わりです。明細書はは家計簿ほど詳細な項目は出ませんが、日ごろよく行くスーパーで使った金額や、ネット通販で購入した額などが把握でき、今後の使いすぎの防止など気をつけることができます。今では家計簿アプリなどもあり簡単に管理出来るらしいのですが、それすらも必要ないクレジットカード明細書が大変役立っています。